未来型の村~もう一つの存在~

皆様ごきげんよう。

坂上でございます。

本日は、未来型の村の最終プランを8月29日を前に公開いたします。

この内容はさらに詳しく講演会当日にお話し致します。

 

廣さんが率います富山の未来型の村の最終予定地は決定いたしておりますが、この村は構築が非常に難しく御座います。

基盤となる村であるが故、それぞれの素質が試されたりと何かにつけ試練が多く御座います。

基本この村は若い方々のお力で成し遂げて頂きたく思っており、それはまるで幼子が成長するさまの様に心休まることはございませんが見守って参りたく存じます。

そして、基幹となる村のほかにそれぞれが新しい概念で繋がる村の存在がございます。ここまでは今までと変わり御座いませんが、それとは別に今検討中の母体の村がございます。

ここを拠点にわれわれセカンドステージは今後活動して参ります。

基幹の村の役割は、これを土台にどなた様でも村づくりが出来ますようにとの思いを込め全ての公開をするという意味を持たせております。

全てが詳らかなわけですから、厳しいことも多々あるやもしれません。

しかし私は今からとても楽しみに致しております。

人間らしく様々なことに取り組む姿こそ人類の道しるべです。

そして、我々の最重要課題は母子の問題です。これを抜きにしては何もはじめられません。

 

基幹の村の大本になる母体の村。その仲間になって下さる村を講演会を通して出会っていきたいと存じます。

 

夏の盛りこの日本ではまだまだ秋の足音が聞こえることの無い気象の異変が今、常態化しております。

そんな地球になってしまったことを悲しく憂うだけの講演会にしないために取り組んで参ります。

どうぞお楽しみになさってくださいませ。