村づくり

こんにちは。

富山で未来型の村づくりを進めています廣です。
先日行われた富山県氷見市での「未来型の村記念講演会」では遠方からもたくさんの方々にお越しいただき、とても嬉しく思っています。
皆がこの「村づくり」に強い関心を持たれていることがよくわかりました。
今回の講演会に参加された方はご存知だと思いますが、冒頭の挨拶に、「この村の存在はただの社会実験にあらず」とありました。私自身もこのことを十分に理解しながら、しっかりと未来を見据えて努めてまいります。
現状といえば今はまだ皆が考える「村」という形にはなっていませんが、一歩ずつ前進しています。
とくに、生きて行く上で一番重要なことである”食料の自給”に関してはもうほぼ可能でしょう。
私は”農業”を生業にしていますが、周りでも主婦を中心に多くの方々が家庭菜園に取り組んでおり、皆が地球の生態系を第一に考え、農薬や除草剤などを使用せずに栽培しています。それどころか、肥料も使用せず、種も固定種にこだわり自家採取にも取り組んでいます。
食料の自給は当然のことですが、この先は衣料やエネルギーなども自給出来る環境を整えていかなくてはなりません。これも着実に進めていきます。
そして、まだまだこれから一緒に村をつくっていく仲間も必要です。講演会や懇親会では同じ思い、価値観を持った同志に出会えるのでとても楽しみです。廣